まつ毛貧毛症の治療薬(医療従事者向け)

加齢などにより、まつ毛が細くなったり、薄くなったリス津まつ毛貧毛症の治療薬

グラッシュビスタ

グラッシュビスタ®は、米国ではFDA注1)の承認により2009年から睫毛貧毛症治療(まつ毛貧毛症治療)に
使われており、2013年10月の時点で世界23ヵ国で承認され、多くの方々に使用されている医療用医薬品です。

日本では2014年3月に厚生労働省によって製造販売が承認され、同年9月から使用できるようになりました注2)。
2014年10月の時点で、「グラッシュビスタ®外用液剤 0.03%5mL」は国内初・唯一*の睫毛貧毛症治療薬(まつ毛貧毛症治療薬)として製造販売承認を受けた製品であり、主要成分であるビマトプロスト(Prostaglandin F2α誘導体)の作用によりまつ毛が不十分であったり、不足している患者さんのまつ毛の「長さ」、「太さ」、「濃さ」を改善することが臨床試験で認められています。
注1)FDA:米国食品医薬品局
注2)睫毛貧毛症(まつ毛貧毛症)の治療は保険適用外のため、患者様の同意のもとに行われる自由診療となります。

■ 承認品のメリットは?

承認品である「グラッシュビスタ®外用液剤 0.03%5mL」が原因で発生した副作用などの健康被害は、
医薬品副作用被害救済制度という公的な制度や、製造物責任法の対象となり、救済給付を受けることのできる※体制があります。
これらの制度や法律は、国内で製造販売承認を得ていない医薬品には適用されません。

グラッシュビスタ市販直後調査・中間報告(副作用症例等)
副作用症例83例において、眼瞼そう痒症(19件)、眼瞼紅斑(15件)、結膜充血(13件)、眼瞼色素沈着(10件)等が認められていましたが、いずれも非重篤と報告されました。

>詳しい調査報告はこちらをクリック